米Case Western Reserve UniversityのSchool of Medicineの神経科学者らは、実験モデルのマウスに、ベキサロテンを処方した結果、アルツハイマー病に罹患することによって引き起こされる病理所見や、 認知・記憶の欠損を、簡単に反転させることを発見した。実験結果は、ベキサロテンの処方がアルツハイマー病患者を助ける可能性を示した。研究成果はScience誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)