味の素と東レは、アミノ酸のリジンを原料とするナイロン繊維の事業化で共同研究を始めると2012年2月13日に発表した。味の素が発酵生産したリジンを酵素反応でペンタン-1.5-ジアミン(1.5-PD)とし、それを東レがアジピン酸と重合させてナイロン56にし、繊維に加工する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)