理化学研究所生命情報基盤研究部門 (BASE)の豊田哲郎部門長らは、次世代シーケンサー(超高速塩基配列解読装置)で得られた断片化RNAの情報から、細胞内に本来存在している全長RNAの情報を高精度に再構築する解析プログラム「ARTADE2」を開発した。ARTADE2のアプリケーションは理研BASEのwebページ(http://matome.base.riken.jp/)で2012年2月13日からダウンロード可能になった。英Bioinformatics誌オンライン版に2月13日付で掲載される予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)