米Alnylam Pharmaceuticals社は2012年2月9日、血液サンプル中のRNAi活性を測定する新手法を開発したと発表した。「循環細胞外RNA検出(cERD)」と呼ばれるこの新技術は、血液や脳脊髄液などの生体液から組織特異的なmRNAサイレンシングの定量測定を行うことができる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)