国立がん研究センター研究所の河野隆志・ゲノム生物学研究分野長らの研究チームと、がん研究会の竹内賢吾プロジェクトリーダーらの研究チーム、米Foundation Medicine社のDoron Lipson博士らの研究チームはそれぞれ、肺がんの新しい原因遺伝子としてKIF5B-RET融合遺伝子を発見し、2012年2月13日にNature Medicine誌にそれぞれ個別に論文発表した。(3チームの研究を比較した表を文末に掲載)

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)