免疫応答を抑制する働きを持つ制御性T細胞(Treg)の安定性に関する論争に決着をつける成果が出た。理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター免疫恒常性研究ユニットの堀昌平ユニットリーダーらを中心とする国際共同研究グループが2012年2月10日にImmunity誌に発表したもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)