人はパンのみにて生きるにあらず。しかし、動物のがんは飢餓という逆境を跳ね返す力強さを備えていないようだ。米University of Southern Californiaの研究チームは2012年2月8日、さまざまながんのマウスにおいて化学療法に短期間の絶食を組み合わせると治療効果が増大したと発表した。また、絶食のみでもさまざまな動物のがんに治療効果を持つことが明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)