米Buffalo大学医学部のJian Feng氏らは、パーキン遺伝子に変異のあるパーキンソン病(PD)患者の皮膚線維芽細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製し、それらをドパミンニューロンに分化させて、パーキン遺伝子の変異がどのようにPDに関わるのかを調べた。詳細は電子版Nautre Communications誌に、2012年2月7日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)