理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターの谷口克グループディレクターと渡会浩志上級研究員らは、気道過敏症を引き起こす免疫細胞であるインターロイキン17受容体B(IL17RB)陽性ナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)の分化経路を発見した。2012年2月8日にPLoS Biology誌に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)