日本イーライリリーのAlfonso G.Zulueta社長は、2012年1月に米国研究製薬工業協会(PhRMA)在日執行委員会委員長に就任し、2012年2月6日に記者会見を行った。記者会見では、日本におけるPhRMAの活動の、2012年の優先項目として、革新的医薬品へのアクセスの迅速化、革新的医薬品の価格の維持、ワクチン行政の改善などを挙げた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)