世界最大手の製薬企業米Pfizer社は2012年1月31日、2011年第4四半期(10月から12月期)決算を発表した。当期純利益は50%減と大幅減益となった。2011年11月末に米国市場で高脂血症治療薬「リピトール」(アトルバスタチンカルシウム水和物)の特許が失効したことが大きく響いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)