米Sucampo Pharmaceuticals社と武田薬品工業は2012年2月2日、lubiprostoneの慢性非がん性疼痛に伴うオピオイド誘発性腸機能障害(OBD)を対象とするフェーズIII試験で主要評価項目を達成したと発表した。試験の成功を受けて、両社は2012年第1四半期に新薬追加申請(sNDA)を米食品医薬品局(FDA)に提出する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)