米Geron社は2012年2月2日、局所性再発・転移性乳がん(MBC)患者を対象とした、imetelstatとパクリタキセルの併用療法の無作為フェーズII臨床試験の患者登録が終了したと発表した。imetelstatはテロメラーゼの阻害薬。テロメラーゼはヒト腫瘍の多くで発現が増大しており、がん細胞の不死性と成長にとって必須のものとなっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)