米Stanford University医学部の研究チームは2012年1月30日、マウスの皮膚細胞に3種類の転写因子を導入し、神経前駆細胞に直接転換することに成功したと発表した。誘導神経前駆細胞(iNPC)と名付けられたこれらの細胞は、神経細胞と神経系を構成する主要な細胞であるアストロサイトとオリゴデンドロサイトに分化させることができた。論文はProceedings of the National Academy of Sciences誌の同日号に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)