第16回日本食物繊維学会学術集会が2011年11月26日から27日に国立健康・栄養研究所(東京・新宿)で開催され、ルミナコイドの健康機能に関する成果発表が相次いだ。特に、腸内フローラと脂質代謝、糖代謝に関する成果の発表が目立った。一般講演は31題で参加者は150名を超え、前回より盛況だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)