アジレント・テクノロジーは、トリプル四重極誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)「Agilent 8800」を2012年4月1日に発売する。多原子イオンを除去するコリジョン・リアクションセルの前に四重極MSを配置し、既存の装置では検出が難しい元素でも正確に測定できるようにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)