英Integrated Magnetics Systems(IMS)社のEddie Blair最高経営責任者は2012年1月25日に日経バイオテクのインタビューに応じ、同社で開発中の磁性たんぱく質テクノロジーについて説明した。同社のコア技術は、リガンド結合部位と金属認識部位から成る融合たんぱく質。英スコットランド国際開発庁のライフサイエンスミッションで、日本企業との協業と投資を募るために来日した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)