欧州医薬品庁(EMA)は2012年1月20日、スイスNovartis社が販売する多発性硬化症治療薬「Gilenya」(日本での商品名「ジレニア」「イムセラ」、塩酸フィンゴリモド、ノバルティスファーマ/田辺三菱製薬)の有益性とリスクを再調査すること、初回投与後に患者の心血管の状態を観察するよう医師に勧告したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)