米DuPont社は2012年1月12日、ヨーロッパのDROught-Tolerant Plants (DROPS) Research Consortiumに参加し、自社のトウモロコシ研究用最先端干ばつ作物モデリングプラットフォームを提供して干ばつ問題の解決に協力してゆくことになったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)