アイスランドのdeCODE Genetics社と、アイスランド、米国、オランダ、スペインの研究者らは2012年1月22日、甲状腺刺激ホルモンのレベルおよび甲状腺がんのリスクに関連する、ヒトゲノムの一塩基変異多型(SNP)を発見したと発表した。研究成果は、1月22日付「Nature Genetics」誌のオンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)