厚生労働省は2012年1月18日、申請されていた13成分27品目の承認を発表した。4月に開催予定の中央社会保険医療協議会で議論されて薬価収載となる。今回は、中枢領域で注目される薬剤が複数承認となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)