東京大学大学院医学系研究科の浦野泰照教授(写真)の講演会が2012年1月19日、北海道大学で開催された。演題は「有機小分子蛍光プローブの精密設計によるin vivoがんイメージング」。研究の一部は科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業の成果である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)