東京理科大学は2012年1月30日、臓器・器官の再生医療システムの研究拠点となる「器官再生工学プロジェクト研究棟」の新築工事の竣工式を野田キャンパス(千葉県野田市)で開催する。大塚化学が100%出資するオーガンテクノロジーズ(東京・千代田、朝井洋明代表取締役)との共同研究であるオーガンテクノロジーズ器官再生工学プロジェクト(代表:東京理科大総合研究機構の辻孝教授)の研究体制拡充のため、東京理科大の産学連携の具体的施策の1つとして建設した(関連記事1、関連記事2)。総工費は約1億6064万円で、2011年12月に完成した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)