米Bristol-Myers Squibb社は、同社が開発中の抗C型肝炎ウイルス(HCV)薬2剤のみ、またはそれらとPEG-インターフェロン(IFN)/リバビリンの4剤を、PEG-IFN/リバビリン療法に反応しなかったHCVジェノタイプ1感染者に投与したオープンラベルのフェーズIIa試験で、高いウイルス陰性化率を達成したと発表した。詳細は、米Michigan大学医学部のAnna Lok博士らによってNEJM誌2012年1月19日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)