大手化学メーカーであるJSRは2012年1月18日、バイオメディカル分野の事業を拡大するためにオーストリアBIA Separations社に対して2011年11月14日に戦略的投資を実施していたことを発表した。化学メーカーでは、カネカが2011年9月に再生医療分野のバイオベンチャーに出資していたことを1月12日に明らかにしている。水面下でのバイオ分野への投資が相次ぎ公表され、バイオが将来の成長分野と目されていることが改めて認識できる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)