米Beth Israel Deaconess医療センター(BIDMC)の研究チームは2012年1月17日に発表した研究論文で、腫瘍微小環境にあるこれまでほとんど調査されていない細胞グループである周皮細胞が、がんの進行や転移を防ぐ重要な門番として作用していることを明らかにした。また、腫瘍への血液供給を遮断して腫瘍を縮小させる抗血管新生治療が、かえって腫瘍の侵襲性を高め、がんの転移を促進する可能性も示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)