米Massachusetts General Hospital (MGH)の研究者は、医薬品が原因の損傷から肝臓を守り、医薬品の安全性を向上させるための、新規の戦略を開発した。Nature Biotechnology誌のアドバンストオンライン版に掲載された論文によると、MGHの研究者らは、肝臓にあるギャップ結合を阻害し、一種の細胞のコミュニケーションを防ぐことが、アセトアミノフェンなどの肝臓毒性を持つ医薬品による肝臓の損傷を保護し得ることを発見した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)