スイスのRoche Group傘下のVentana Medical Systems社は2012年1月10日、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)遺伝子変異のためのコンパニオン検査キット、免疫組織化学法(IHC)の完全自動・標準化されたCell Signaling Technology (CST)の共同開発で米Pfizer社と、ライセンスで米Cell Signaling Technology(CST)社と契約したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)