英University of Cambridge大学の研究グループは、多発性硬化症(MS)患者における中枢神経系の老化を回復させる可能性を示唆する、新規の研究成果を発表した。研究成果は、2012年1月6日にCell Stem Cell誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)