第2世代、第3世代のシーケンサーの普及により、ヒストン修飾の解析コストが急速に低下しています。2012年は、遺伝子の機能発現の解析で、ヒストンたんぱく質のメチル化をはじめとするクロマチンの挙動を解析することが、人間をはじめとする真核生物の遺伝子の機能発現の制御の解析に欠かせなくなってきます。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)