2012年は開発スピードが落ちていたセルロースエタノールの商業レベルでの生産がいよいよ本格化すると思われる。コストの問題はまだ完全にはクリアできていないが、再生可能燃料基準(RFS)による年間使用量の義務規定や生産施設建設のための助成金やローン保証など米政府による政策に後押しされ、セルロースエタノールは大きな転換点を向かえることになろう。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)