米食品医薬品局(FDA)のMargaret Hamburg長官は2011年11月18日、抗血管内皮成長因子(VEGF)抗体「アバスチン」(ベバシズマブ)の乳がんへの適応症の承認を取り消す判断を下した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)