2011年4月にオープンした「おかやまメディカルイノベーションセンター」(OMIC)は、分子イメージング技術を用いた医薬品の研究開発を支援する目的で設立されたインキュベーション施設だ。岡山大学医学部のある鹿田キャンパスにあり、実験室と一部分析機器等を含むインキュベーション施設と、同大学医学部のアイソトープ実験施設に併設された施設から成る。OMICのテナントは、施設内にあるサイクロトロンをはじめとした最新の分子イメージング設備にアクセスが可能で、設備の概要はホームページ(http://www.okayama-u.ac.jp/user/crc/index.htm)に詳しい。今回のインタビューでは、岡山大学医歯薬学総合研究科産学官連携センターの副センター長である松浦栄次教授に施設設置の狙いなどを聞いた。(聞き手は城戸佳織)

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)