東京工業大学大学院生命理工学研究科、国立遺伝学研究所、東京大学大学院新領域創成科学研究科の研究チームは、シーラカンスの全ゲノムを解読したと2011年12月28日に発表した。最近、シーラカンスの生息海域の近くで埋蔵量の大きい海底天然ガス田が発見され、開発計画が浮上している。絶滅危惧種であるシーラカンスの生息に配慮を求める観点から、論文発表に先んじて研究成果を公開したものだ。ゲノムサイズは27億塩基対で、ヒトを含む哺乳動物とほぼ同じだった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)