米Repligen社は2011年12月21日、膵炎患者を対象にMRIと組み合わせることで、膵管構造の異常を発見する能力を高める技術として、SecreFlo (合成ヒトセクレチンRG1068) の新薬承認申請 (NDA) を提出したと発表した。膵管構造の異常は、膵炎の主要な原因であり、激しい腹痛を引き起こすことがある。セクレチンは、膵管へ膵液の分泌を促進する。膵管が膵液で満たされると、MRI診断はより容易になる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)