韓国Seoul大学ゲノム医薬研究所のJeong-Sun Seo所長らは、喫煙歴が無いのに肺腺がんと診断された1人の患者のがん細胞と正常細胞の全ゲノムを解読、加えてトランスクリプトーム解析を行って、がん発生に関与すると思われる融合遺伝子を新たに発見した。研究の成果はGenome Research誌2011年12月22日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)