米国における個別化医療(PM)を可能にする治療法件数は2011年9月現在では72件に達し、06年の13件から5倍以上に伸び、近年順調な進展を見せていることが、個別化医療連合(Personalized Medicine Coalition=PMC)がまとめた新規の報告書で分かった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)