理化学研究所は2011年12月22日18時から記者会見を急きょ開き、「『最先端・高性能汎用スーパーコンピュータの開発利用』プロジェクトに係る調停事案の処理について」説明を行った。理研の藤田明博理事、古谷輝夫理事、横川三津夫次世代スーパーコンピュータ開発実施本部開発グループグループディレクターが出席した。「つい先ほどNECが理研に2億円を支払うことで民事調停が成立した」と、古谷理事は調停事案の説明を始め、それに至った経緯を解説した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)