米Oncothyreon社は、2011年12月20日、米食品医薬品局にONT-10の臨床試験の実施を申請したと発表した。ONT-10はMUC1陽性のがんに対する治療ワクチン。ONT-10のアジュバントコンポーネント、完全合成toll様受容体4アゴニストのPET-LipidAもOncothyreon社が開発したもの。既存のアジュバントMPL(monophosphoryl lipid A)に比べより強いアジュバント作用が期待できるという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)