米FDAが7月にガイダンス案を公表し、医薬品と診断薬の同時発売への道が見えてきた。そこで本誌は、製薬、診断薬企業と規制当局、アカデミアを交えたセミナーを実施した。コンパニオン診断薬の普及には、解決すべき課題が山積していることが議論になった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)