科研製薬は2011年12月19日、爪真菌症治療薬KP-103(IDP-108、エフィナコナゾール)の国際共同治験の成績が発表されたことを公表した。エフィナコナゾールは科研製薬の創製品。カナダValeant Pharmaceuticals International社がそのフェーズIIIを進めており、現地時間の2011年12月16日に結果を発表した。科研製薬では、エフィナコナゾールを2012年度中に国内で申請する予定とした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)