米Biotechnology Industry Organization(BIO)は2011年12月14日、死の谷を越えて商業化を目指そうとしている新しい代替エネルギー技術にとって不可欠で持続的な長期の税制政策を求める「代替エネルギー税制上の優遇措置」と題する書簡をエネルギー・天然資源・インフラストラクチャーに関する米上院ファイナンス小委員会のヒアリングのために提出した(関連記事)。BIOは、これら技術は新規雇用の創出、経済成長、エネルギー安全保障、環境上のメリットなどを生み出す可能性が大きいとして、インセンティブを与える優遇税制を訴えている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)