米Aurora Algae社は2011年12月7日、医薬品、栄養、再生可能エネルギー、飼料市場向けの製品開発を可能にする改良型遺伝形質を持った藻類株を作り出す新たな遺伝子最適化技術を開発したと発表した。この技術は外来遺伝子を導入せずに遺伝子最適化を可能にし、従って生物本来の遺伝的基盤は保存されるという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)