ドイツSAW Instruments社は、2011年12月13日から16日に横浜市で開催された日本分子生物学会年会で、表面弾性波(SAW)を用いた新しい生体分子間相互作用解析装置を展示。アコビオ(横浜市、高木英二社長)を通じて販売を開始した(写真は高木社長とSAW社のBoisマネージングディレクター)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)