ブドウのオレアノール酸を酵母で合成、PCP誌の表紙飾る、阪大と横浜市大、理研、東工大、キリン、サントリー、神戸大の成果

(2011.12.19 00:00)1pt
河田孝雄

 大阪大学大学院工学研究科の村中俊哉教授と関光准教授らは、ブドウ果実の表面につく白い粉「ブルーム」の主成分であるオレアノール酸の生合成の鍵となる酵素遺伝子を突き止め、この遺伝子を導入した組み換え酵母でオレアノール酸を合成することに成功した。横浜市立大学や理化学研究所、東京工業大学、キリンホールディングスフロンティア技術研究所、サントリービジネスエキスパート植物科学研究所、神戸大学との共同研究成果。日本植物生理学会が発行するPlant and Cell Physiology誌2011年12月号に近日掲載され、表紙を飾る。ブドウ果実の写真が表紙に掲載される。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧