日本分子生物学会は、「日本分子生物学会若手研究助成富澤純一・桂子基金」による研究助成の第一回受領者を決定した。贈呈式は2011年12月16日、同学会の総会後に行われる。同助成は原則として39歳以下で、基礎的な研究を行っている研究者が対象。助成金額は一人300万円で、研究の推進に関係することであれば、使途を限定しない点に特色がある。海外留学費用や、ベビーシッター代などとしても使用できるという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)