イタリアMolMed社は2011年12月12日、チミジンキナーゼ(TK)遺伝子導入細胞治療の高リスク白血病の成人患者を対象とするフェーズIII試験の最新データを米San Diegoで開催中の第53回米血液学会(ASH)年会で発表した。発表要旨の主執筆者であるLuca Vago博士はASH Abstract Achievement Awardを受賞した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)