ノルウェーAker BioMarine Antarctic社は、南極オキアミ由来のリン脂質結合型ω3含有クリルオイルが潰瘍性大腸炎の炎症を軽減させる可能性があるという新たな研究結果を2011年12月6日に発表した。この成果は2011年11月30日にScandinavian Journal of Gastroenterology(スカンジナビア消化器病学雑誌)に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)