英London大学がん研究所のAmit C. Nathwani博士らは、血友病B患者6人にアデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターを利用して血液凝固第IX因子(FIX)を送達する臨床試験を行い、治療効果が得られるレベルのFIXを長期にわたって発現させることに成功した。詳細は、NEJM誌電子版に2011年12月10日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)