米Scripps研究所のフロリダキャンパスの研究グループは、たんぱく質の調整メカニズム、スルフェニル化が、たんぱく質リン酸化と同様の役割を担い、がんなどの疾患に対する新規の医薬品の開発機会を切り開く可能性があることを発見した。研究成果は、2011年12月11日付のNature Chemistry誌のオンライン速報版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)